スポンサーリンク

重松清『ステップ』あらすじと感想

重松清『ステップ』読書ノート

こんにちは、オハギです。

読んだ後も数日、その余韻に浸りきってしまう本に出会いました。

重松清の『ステップ』です。

スポンサーリンク

重松清『ステップ』のあらすじ

結婚3年目。娘は1歳半。

当たり前の幸せが永遠に続くように感じられる、そんな時です。

そんな時に、主人公の健一は最愛の妻を亡くします。

前触れのない、突然の別れでした。

悲しみに暮れる時間もありません。

なぜなら、残された娘を育てなければならないからです。

この本には、健一の父親としての苦労と苦悩、そして喜びが描かれています。

重松清『ステップ』の感想

読みながら最も深く感じたのは、「恐怖」

この本を読み始めたら、感情移入しすぎて落ち着いていられなくなりました(´・ω・`)

「もし私が突然いなくなったら、夫と子どもたちはどうなるのか?」

想像したら、恐怖で胸がいっぱいになってしまったんですよね。

自分が去ることの恐怖よりも、残してしまう人たちへの心配が大きいです。

多分ですけど、夫は一人で子どもを育てることはできないと思います。

彼は悲しみや淋しさに押しつぶされて病んでしまうタイプ。

うん、私は夫よりも絶対に長生きせねば。そう心に誓いました(;^ω^)

夫よ、君も平均寿命を超えるくらい、長生きしておくれよ。

いまを生きる

数えきれないほどの今日を昨日に変えていって、いま、僕たちはここにいる。
誰かに勝つとか負けるとかではなく、それは、ただ素直にすごいことなんじゃないか、とも思うのだ。

作中の一文です。

「もう頑張れない」と思うことはきっと何度もあったと思うのですが、登場人物たちはしっかりと「いま」を生きていました。

残された人たちが、それぞれの形で幸せを感じられているのが本当に良かったです。

大切に「いま」を積み重ねたい、そう思わせてくれる素敵な本でした。

重松清『ステップ』は映画化している

余談ですが、この本は映画化もしていて、2020年7月に公開されています。

2021年2月現在は、DVDレンタルや動画配信もされているようです。

キャストはこちら。

健一: 山田 孝之
亡き妻の父: 國村 隼
亡き妻の母: 余 貴美子

キャストの俳優がすごい…。これはもう、良作の予感しかしません…!

私は確実に号泣するので、ひとりでこっそり観たいと思います。

家族が不審に思うからね(;^ω^)

子どもたちが寝た後に、動画配信で観ます。

U-NEXTの無料トライアルの期間に(ちゃっかり)。

鑑賞したらまたブログでお伝えしますね。

最後まで読んでくださりありがとうございました(*^^*)

コメント

このブログを書いている人

7歳の(場面かんもく)アラレちゃん・2歳のガッちゃん・夫と4人でゆる~く暮らす、地方在住のWebライター。
社会福祉士保有の介護職員・支援相談員として勤務した経験あり。
このブログでは、場面かんもく・育児・暮らし・海外ドラマのことなどを自由につづっています。
詳しいプロフィールはこちらをどうぞ。

オハギをフォロー
タイトルとURLをコピーしました