スポンサーリンク

HSPにツイッターは向いてない?実際にやめた筆者の後悔とは?

Twitter日々を楽しむ

このブログを読んでくださっている方の中にはお気づきの方もいるかもしれませんが、私、ツイッターをやめました。

「ある日突然、何の前触れもなくSNSのアカウントを消すなんて、ゴシップに病んだ芸能人か悪徳業者だわ!」なんて思っていた私。まさか自分が実際にそういった行動に出るとは、予想だにしていませんでした。

今回は、自称HSPの私がツイッターをやめた理由と、やめてよかったと感じる点・後悔している点についてまとめてみました。「ツイッターどうしよっかなー」と感じているHSPさんの参考に、わずかでもなれば嬉しいです。

スポンサーリンク

HSPの私がツイッターをやめた理由

「HSPと分かったからこそ和らいだ、人生のしんどさ」でもお伝えしているのですが、私はHSPです。いわゆる「繊細さん」ですね。自分で言ってるとなんか痛いな。こんなこと考えるのも繊細であるがゆえ、ということで。

このブログを始めたのと同時にスタートしたツイッター。

初めのうちは、「ブログのアクセス数が伸びればいいな、ぐへへ」という、何ともよこしまな動機でツイッターを利用していました。

しかし、「ブログのアクセスなんてそんな簡単には伸びない」とすぐに悟り、長女アラレちゃんの場面緘黙症(ばめんかんもくしょう)のことなどを中心につぶやいたり、情報収集に利用するようになりました。

そのうち、よくやり取りする方もでき、それなりにツイッターを楽しんではいたのですが、それまで感じていたツイッターについてのモヤモヤがある日爆発。アカウントを削除してしまいました。

ツイッターについてのモヤモヤは次のようなものです。

  • ツイートにいいねしてもらえるかな?とソワソワして疲れる
  • リプをもらえるのは嬉しいけど、返信を考えるのにめちゃめちゃ時間がかかる
  • 「こんなことツイートして誰かを傷つけないかな?」「このツイートで身バレしないかな?」と考えすぎて疲れる
  • 自分のツイートが思いがけず拡散されて恐怖を感じる
  • タイムラインの大量な情報に疲弊する
  • それでもタイムラインを見てしまって時間が経過してしまう

これらの不安や疲れが日に日に蓄積。よく絡んでいた方が急にツイッターをやめてしまったことも影響して、私もツイッターをパタッとやめてしまいました。

ツイッターをやめてよかったこと・後悔していること

reading

HSPという気質のせいだけではないとは思うのですが、ツイッターに関わるととにかく疲れてしまった私。

「何もアカウントを消さなくても…あまりツイッターをのぞかないようにしたら?」という意見もあるかと思います。しかし、ツイッターのアカウントがあると考えるだけでも嫌な気分になってしまったので、削除せざるをえなかったのです。ちょっと重症ですよね。うん、自分でもヤバいやつだなと思います。

気を取り直して、ここからは、ツイッターをやめてよかったことと、やめて「あちゃ~」と感じていることについてお伝えします。

よかったこと

まずはよかったことから。

気持ちがすごく楽になった

もうね、すごーく気楽に日々を過ごせるようになりました。

情報の海に投げ出されて脳がパンクすることもなくなりましたし、「いいねがつくかな」「いいねを返さなきゃ」「なんて返事しよう」「こんなツイートして大丈夫かな」など、思い悩まなくてすむようになりました。

ただでさえ物事を深く考えてしまうタイプなのですから、脳や心への負荷を減らすことはとても大切なことです。ツイッターをやめて身軽になった現在、心からそう感じます。

圧倒的に時間ができた

これもすごくプラスに働いています。ツイッターをやめたら時間ができたんです。

子どもと関わったり仕事したり、そうそう、趣味に費やせる時間も増えました。

ツイッターをしている時間って何気なく感じますが、積み重なると相当な長さの時間だったんだなと驚きました。

後悔していること

当然、よかったことばかりではなく、後悔していることもあります。

フォロワーさんたちとの繋がりを絶ってしまった

ツイッターでしか繋がっていなかった方たちなのに、一方的に乱暴に繋がりを絶ってしまいました。誠実じゃなかったな、今どうしてるかな、と後悔しています。

ただ、唯一の救いは、ブログを運営している方が多かったこと。今でもふと思い出してブログを読みに行き、密かに応援しています。

Webライターの仕事に活かせた可能性も

私は現在、Webライターの仕事を中心に行っています。もし上手くツイッターを利用できたら、仕事の受注に役立ったかもしれないな、と後悔しています。

うーん、でもどうかな。この私が上手にSNSを活用して、仕事に繋げていけるだろうか?無理そう。

ちなみに今は、ランサーズやクラウドワークス、直接契約などでお仕事をしています。「オハギにライティングの仕事を依頼してやろう」という方は、お問い合わせください。

さいごに

花と苺

そんなわけで、現在はツイッターの利用は皆無な私です。インスタやフェイスブックもやっていないので、SNS中心の世間の流れと完全に逆行しているわけです。

HSPの私にはツイッターは荷が重すぎた、向いていなかった、と心から感じます。ツイッターをやめたことは、私にとっては正解でした。

でも至極幸福に毎日を生きています。突然ツイッターから消えたので、「オハギさん何かあったのかしら」と心配してくださった優しい方もいるかもしれませんが、どうぞご安心ください。

やはり私には、ブログで情報発信していくのが性に合っているようです。ブログでは、あれこれ考えすぎずに肩の力を抜いて発信することができます。

早いものでこのブログも、開設してから1年以上が経過しました。3日坊主の私がこんなに長くブログを続けることができたのは、読んでくださる皆さんのお陰です。本当にありがとうございます。

これからも細々とではありますが続けていきますので、よろしければおつきあいくださいね。

コメント

このブログを書いている人

7歳の(場面かんもく)アラレちゃん・2歳のガッちゃん・夫と4人でゆる~く暮らす、地方在住のWebライター。
社会福祉士保有の介護職員・支援相談員として勤務した経験あり。
このブログでは、場面かんもく・育児・暮らし・海外ドラマのことなどを自由につづっています。
詳しいプロフィールはこちらをどうぞ。

オハギをフォロー
タイトルとURLをコピーしました