スポンサーリンク

梨木香歩『家守綺譚』あらすじと感想|読めば味わえる不思議な世界。

読書ノート

こんにちは、オハギです。

ただいま絶賛育児中です。

読書好きな私ですが、ここ数年、落ち着いて本を読むことができるのは、就寝前の2、30分のみとなっています。

子どもたちを寝かしつけて、自分が寝落ちするまでの幸せなひと時。

そんな1日の終わりの幸せタイムに、とある小説を何日もかけて読んでいました。

その本を、先日読み終えてしまいました。

読み終えたくないほど気に入っていたので、少しさみしい…(´・ω・`)

スポンサーリンク

梨木香歩『家守綺譚』

この本はこんな人におすすめです。

  • ちょっと不思議な話が好き
  • 草花が好き
  • 寝る前にほっこり読書したい

ご存じですか?

梨木香歩さんの『家守綺譚』。

これ、寝る前に読むのにぴったりな小説でした。

ざっくり言うと、こんなお話です。

亡くなった親友の実家の家守をすることになった主人公。
その家を中心に現れる、四季折々の物の怪と主人公との、悲喜こもごものふれあい。

物の怪、と一口に言っても、いわゆる怖ーい妖怪ではありませんでした。

河童や子鬼、亡くなった親友などがひょこっと顔を出して、ユーモアや優しさが匂い立つような、全体的にふんわりとした雰囲気。

私が最もひいきにしているキャラクターは、主人公が親友から譲り受けた愛犬ゴローです。

物の怪たちの争いごとの間を取りもつ仲裁犬、などという珍妙な裏の顔を持つ、賢いやつです。

ちょっと頼りない主人公のことを気にかける様子も、健気で愛おしいのです。

そしてこの本の素敵なところは、四季折々の植物の描写がとても美しいということ。

文中に、こんな一文があります。

季節の営みの、まことに律儀なことは、ときにこの世で唯一信頼に足るもののように思える。

何かと心をざわつかせることの多いこの頃。

この本は、自然、草木、物の怪(笑)の優しい世界に浸らせてくれました。

寝る前に読むと、「うん、世界は大丈夫だ」と思えて、安心して夢の世界へ入れる読書体験でした( *´艸`)

コメント

このブログを書いている人

7歳の(場面かんもく)アラレちゃん・2歳のガッちゃん・夫と4人でゆる~く暮らす、地方在住のWebライター。
社会福祉士保有の介護職員・支援相談員として勤務した経験あり。
このブログでは、場面かんもく・育児・暮らし・海外ドラマのことなどを自由につづっています。
詳しいプロフィールはこちらをどうぞ。

オハギをフォロー
タイトルとURLをコピーしました