スポンサーリンク

葉室麟『恋しぐれ』あらすじと感想

読書ノート

葉室麟(はむろ りん)さんの小説『恋しぐれ』を読みました。

以前から気になっていた作家さん。今回ようやく読むことができました。

作品の完成度の高さにうなりましたよ~。

スポンサーリンク

『恋しぐれ』あらすじ

『恋しぐれ』は、与謝蕪村(よさ ぶそん)とその周りの人々の恋を描いています。

7つのエピソードからなる、連作短編集です。

江戸時代の著名な俳人・画家である蕪村。

本書で描かれる蕪村は67歳で、老境を迎えています。

俳人・画家としての地位も確立し、家族や友人、弟子から厚い信頼も得ています。

そんな蕪村が、祇園の妓女に本気の恋をしました。

蕪村のこの設定を基盤として、7つの短編は進められます。

7編はそれぞれ、弟子や友人、娘などの人物を主人公として描かれています。

参考までに、こちらが各話のタイトルです。

  • 夜半亭有情
  • 春しぐれ
  • 隠れ鬼
  • 月渓の恋
  • 雛灯り
  • 牡丹散る
  • 梅の影

『恋しぐれ』感想

どこか親しみやすい、まっすぐな恋模様

『恋しぐれ』は実在した人物の登場する歴史小説ではあります。

しかし、本書に描かれているのは市井の人間模様です。

7つのエピソードはそれぞれ、どこか身近で聞いたことがあるような、親しみやすい恋模様であると感じました。

恋とはいっても、どろどろした艶めかしい印象は受けず、切なく純粋な感情が描かれています。

藤沢周平作品を思わせる

恥ずかしながら、私が葉室麟さんの作品を読んだのは本書が初めてでした。

読んですぐ感じたのは、「藤沢周平作品にどっぷりハマっていた、学生時代を思い出すなぁ」ということ。

作者から作中の人たちに注がれる、優しさと悲しさの混ざった視線が、似ているのかもしれません。

俳句の余韻

小説のところどころに、蕪村やその周囲の人びとののこした俳句がちりばめられています。

そのことが、物語の色どりを与え、味わいを深くしてくれているように思います。

たとえばこんな句。

さみだれや大河を前に家二軒

これは蕪村の娘の結婚譚「春しぐれ」にて引用された一句ですが、娘の幸せを祈る蕪村の心情を、より深く感じることができました。

生きるが勝ち

本書を読んで最も心に残ったのは、蕪村の弟子・大魯(たいろ)を主人公として描かれた、「隠れ鬼」のエピソードです。

大魯が恋した女性が、こんな言葉を彼にかけます。

世の中、悪いことばかりやない。自分がしっかりしてたら生きていける。死んだらしまいや。生きた者が勝ちや

この言葉によって、大魯は生き方を変えました。

多くの過ちをおかした大魯がとうとう再起できたことや、それを見守り喜ぶ師匠・蕪村の姿に胸が熱くなりました。

コメント

このブログを書いている人

7歳の(場面かんもく)アラレちゃん・2歳のガッちゃん・夫と4人でゆる~く暮らす、地方在住のWebライター。
社会福祉士保有の介護職員・支援相談員として勤務した経験あり。
このブログでは、場面かんもく・育児・暮らし・海外ドラマのことなどを自由につづっています。
詳しいプロフィールはこちらをどうぞ。

オハギをフォロー
タイトルとURLをコピーしました