スポンサーリンク

場面かんもくの娘、「嫌い」と言われる

叫ぶ少年場面かんもく

こんにちは、オハギです。

我が家のかんもくガール・アラレちゃんが、パワーアップしました。

なぜかというと、保育園のお友だちとひと悶着あったからなんです。

今回は、アラレちゃんとお友だちの間に起こった、いざこざについてのお話をお届けします。

スポンサーリンク

アラレちゃんのお手紙

手紙を持つねずみ

もうすぐ年長さんになるアラレちゃん。

場面かんもく症のために全く話せない時期もありましたが、クラスのみんなとは、かなり話せるようになってきました。

保育園の先生方の温かい対応には頭が下がります。

さて、そんなある日の夕食後。

家族でまったり過ごしていると、アラレちゃんが覚えたてのひらがなを駆使して、なにやら書いておりました。

「アラレちゃん、何書いてるの?」

「おてがみだよ! モモちゃんにあげるの!」

おお、5歳にもなると、お友だちとお手紙のやりとりまでするようになるのか。

同じクラスのモモちゃんに書いているのね。

感動しながら内容を見せてもらうと、こんな文面が。

「おともだちになろう」

うーん? お友だちに、改めて「友だちになろう」と伝えているのかな?

それはそれでアリだと思うけど、ちょっと不思議だったので、アラレちゃんに尋ねてみました。

「モモちゃんって、クラスのお友だちのモモちゃんだよね?」

するとアラレちゃんの口から、驚きの回答が!

「ちがうの。モモちゃんは、アラレとはお友だちじゃないって言うの」

え!

「いつもアラレのこと大嫌いって、怖い顔で言ってくるんだよ」

おーっと! これは予想外だった!

お友だちから嫌われたアラレちゃん

叫ぶ少年

なになに? これが噂の保育園トラブルというやつ?

ドキドキしながら、詳しい事情をアラレちゃんに聞いてみました。

同じクラスのモモちゃんは、スポーツの得意なしっかり者の美人さん。

そんなモモちゃんから、アラレちゃんは「嫌い」と言われているのか…。

アラレちゃんと仲良しのお友だち・ポンちゃんや、担任の先生に確認したところ、どうやら事実のもよう。

特に、アラレちゃんからモモちゃんにいじわるをしたわけではないそうです。

さらに、アラレちゃんとポンちゃんがおしゃべりすることも禁止しているというモモちゃん。

ありゃりゃ。すごい嫌われよう。

モモちゃん、あなたはいったい何者なの?(笑)

そしてアラレちゃんは、どうしてそんなにモモちゃんから嫌われちゃったのかしら?

嫌われた理由

しかめっ面の少女

アラレちゃんがモモちゃんから嫌われる理由を考えてみると、思い当たることが2つありました。

  • アラレちゃんの表情
  • モモちゃんがアラレちゃんにやきもちを焼いている

アラレちゃんのしかめっ面

アラレちゃんは笑うととてもキュートなのですが(親バカ)、家の外ではしかめっ面になってしまうことがよくあるんですよね。

別に、怒っていたり機嫌が悪かったりして、そういう表情になっているのではないのです。

話すことに不安や怖さ、恥ずかしさを感じていると、しかめっ面になってしまうようなのです。

つまり、場面かんもくゆえの態度です。

アラレちゃんのそういう表情や態度が、モモちゃんの気持ちを刺激してしまうのかもしれません。

アラレちゃんへの嫉妬

そしてもう1つの理由は、モモちゃんがアラレちゃんにやきもちを焼いているということ。

アラレちゃんと仲良しのポンちゃんは、とても面白い子で、クラスの人気者。

先生から教えてもらったところ、どうやらモモちゃんも、そんなポンちゃんのことが大好きで、独り占めしたい気持ちが大きいようなのです。

そんなわけで、ポンちゃんとよく一緒にいるアラレちゃんのことを、嫌いだと感じてしまっているのかもしれませんね。

かんもくのアラレちゃん、言葉で気持ちを伝える

ハート型の雲

モモちゃんから割と激しく嫌われているアラレちゃん。

「友だちになろう」のお手紙がきっかけで、私に事情を打ち明けてくれた時は、泣いていました。

「嫌いと言われたら悲しい。そんなこと言わないで」

こんなふうに、モモちゃんに言葉で伝えられたらいちばん良いのですが、場面かんもくのアラレちゃんにはハードルが高い…!

でも後日、勇気をふりしぼって、なおかつ先生にもだいぶ手伝ってもらって、アラレちゃんはモモちゃんに気持ちを伝えることができたそうです。

「嫌いとか、そんなん言わんといて」

小さい声だったそうですが、きっぱりと言えたとのこと。

まだまだサポートは必要ですが、自分の気持ちを言葉にできたなんて、大成長です。

母は感動しました。

その後のお話

草原を走る少年

モモちゃんは、叱られるのを避けたかったのでしょう。

「嫌いなんて言ってないし、怖い顔もしてない」

こんなふうに否認していたそうですが、アラレちゃんのきっぱりとした言葉は一応聞いてくれたそうです。

しかしその後も、毎日「大嫌い」とアラレちゃんに言ってくるモモちゃん。

その反面、私や夫と保育園で顔をあわせると、こんなことを言ってきます。

「わたし、アラレちゃんにいつも優しくしてあげてるの」

アピールが謎すぎて、恐怖すら覚える私たち夫婦(笑)

もしかしたら、モモちゃんはさみしいのかなあ(´・ω・`)

ほっとくことにしたアラレちゃん

アラレちゃんはというと、「嫌い」と言われることにいちいち傷つくのはやめて、放置することにしたそうです。

「もうな、モモちゃんのことは、ほっとくねん。それがいちばんいいねん」

すごいな、我が娘…!

私だったら保育園行くの嫌になってるよ…!

モモちゃんとのひと悶着のおかげで、パワーアップしたアラレちゃん。

娘の成長を目の当たりにして、たくましく感じたオハギでございました。

それにしても、保育園児でこの調子だからな…。

小中高と大きくなったら、女子の人間関係はもっと大変なんだろうな…。

私も、アラレちゃんを見習ってパワーアップせねば!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました(o^^o)

コメント

このブログを書いている人

7歳の(場面かんもく)アラレちゃん・2歳のガッちゃん・夫と4人でゆる~く暮らす、地方在住のWebライター。
社会福祉士保有の介護職員・支援相談員として勤務した経験あり。
このブログでは、場面かんもく・育児・暮らし・海外ドラマのことなどを自由につづっています。
詳しいプロフィールはこちらをどうぞ。

オハギをフォロー
タイトルとURLをコピーしました