スポンサーリンク

クリミナルマインド1 第4話「 白昼の…」 あらすじと所感

海外ドラマ

海外ドラマ「クリミナルマインド」は、何度観ても様々なことを感じます…!

わたくしオハギが、「クリミナルマインド」の各話を観て感じたことをお届けしております、この「あらすじと所感」コーナー。

今回は、シーズン1の第4話です。

ネタバレになってしまう部分もあるので、結末を知りたくないあなたはご注意くださいね(^^)/

スポンサーリンク

「クリミナルマインド」1 第4話 あらすじ

第4話の事件の舞台は、カリフォルニア州サンディエゴ

高級住宅街で連続婦女暴行事件が発生していました。

白昼堂々と犯行を繰り返し、女性の命を奪う犯人。

事件解決のために、BAU(FBI行動分析課)に捜査の要請がかかります。

犯人は、「被害者の目を見開いた状態にして接着剤で固める」という、理解しがたい行動をとっていました。

また、4件目の犯行からは、ある詩の一節を現場に残すように…。

果たしてBAU(FBI行動分析課)のメンバーたちは、犯人を確保することができるのでしょうか?

「クリミナルマインド」1 第4話 主な登場人物

  • アーロン・ホッチナー: BAUのリーダー
  • ジェイソン・ギデオン: BAUメンバー
  • デレク・モーガン: BAUメンバー
  • スペンサー・リード: BAUメンバー
  • エル・グリーナウェイ: BAUメンバー
  • ジェニファー・ジャロウ(JJ): BAUの渉外担当
  • ペネロープ・ガルシア: BAUの情報分析官
  • グリフィス: サンディエゴ警察の警部

「クリミナルマインド」1 第4話 感じたこと

日常が壊される恐怖

今回の事件で、女性たちは自宅で普通に過ごしているときに、被害に遭います。

そのことが、私は無性に怖かったです。

家族写真が飾られた自宅でくつろいでいる時、まさか背後に犯人が迫っているなんて、とうてい考えられないですよね。

エクササイズしたり料理したり…女性たちの、そういう何気ない日常が、犯人によって壊されてしまいました。

フィクションであることは理解しているのですが、許せないな、と憤ってしまいます。

エル、意外とやるじゃん

被害に遭った女性が、事情聴取でなかなか証言できない、というシーンがありました。

それもそのはずです。

被害者の女性の周りには、夫や男性の刑事など、男の人ばかり。

男性の犯人から暴行された彼女は、恐怖で心を閉ざしてしまっていたのです。

被害者の女性のそんな心境を察知したのは、BAU(FBI行動分析課)の女性捜査官・エルでした。

正直、それまでのエルには、私はあまりいい印象を抱いていませんでした。

そっけないし、手柄をあげることしか考えていないように見えていたのです。

しかし、第4話では、エルは被害に遭った女性の心に寄りそい、親身になって話を聞いていました。

ちょっと見直しちゃいましたね!

犯人の虚栄心をくすぐるギデオン

犯人は、世間から「トミー・キラー」という名称で呼ばれていました。

これは、ロックオペラの「トミー・キラー」という作品に由来しています。

「僕を見て、僕を感じて」

ロックオペラの作中に出てくるセリフです。

自分の存在を誇示したくて仕方がない犯人を、よく表しています。

クリミナルマインド1の第4話の終盤。

「犯人を確保できるかどうか」という場面で、ギデオンは、犯人の虚栄心を上手にくすぐります。

「大人しく捕まれば、有名になれるぞ」

ギデオンのこの誘いに、犯人は乗りました。

私が犯人だったら、こんな提案には絶対に乗らないのですが(目立つのが嫌いなんです!
)、トミー・キラーは有名になりたかったようです(´・ω・`)

注目されたい、という強い思い。

人間の野心というものが、歪んだ形で表れるのは非常に危険だと痛感しました。

犯人の周りに、注意をはらってくれたり、愛してくれる相手が1人でもいたら、彼の人生は違ったものになったことでしょう。

リードとJJがいい雰囲気!

第4話で最も注目すべきなのは、BAU(FBI行動分析課)のリードとJJが、心なしかいい雰囲気になっていたことです( *´艸`)

というよりも、リードが一方的にJJに淡ーい好意を抱いている様子が描かれています(笑)

リードが嬉しそうに語っていたところによると、JJだけが、リードのことを「スペンス(リードのファーストネームを縮めた呼び方)」と呼んでくれるんだそうですよ!(萌)

また、事件解決後のジェット機内で、ギデオンはリードに小粋なバースデープレゼントを渡します。

それは、JJの好きなフットボールチームの試合のチケット。

「リードよ、JJを誘って一緒に試合観戦に行っておいで」、という意味ですね!

BAU(FBI行動分析課)の今後の活躍もさることながら、奥手なリード君の恋模様も大変気になるところです(^^♪

「クリミナルマインド」1 第4話 引用された格言

ジャック・リゴーの格言

ナレーター: ギデオン

自分自身は見えない
鏡に映る自分になりきるしかない

ジャック・リゴーとは

ジャック・リゴーは、フランスのシュルレアリスム(​超現実主義)の詩人です。

 パリを席巻した、ダダイスム運動(あらゆる既成概念を壊し、個人の欲求を解放する運動)に関わりました。

ローズ・ケネディの格言

ナレーター: ギデオン

鳥は嵐の後さえずる
人も残る陽光を喜べばいい

ローズ・ケネディとは

ローズ・ケネディは、アメリカの慈善家、社交家であり、ケネディ家の一員です。

アメリカの大統領ジョン・F・ケネディや上院議員のロバート・F・ケネディ、エドワード・ケネディなど、9人の子を産み育てました。

「クリミナルマインド」をおトクに楽しむ方法

「クリミナルマインドちょっと気になる…」と思ったあなたは、動画サービスの無料体験を利用すると、おトクに楽しめますよ!

「クリミナルマインド」を観るのにおすすめな動画サービス
  • 31日間無料のU-NEXT(無料登録時にプレゼントされるポイントを使って、1~2話分無料で視聴できる)
  • 月額990円のDisney+(全話見放題)
  • 30日間無料のTSUTAYA DISCAS(DVDの宅配サービスで視聴できる)

忙しいあなたも、手の空いた時にサクッと海外ドラマを視聴できる動画サービスで、楽しいひとときを過ごせますように(^^♪

コメント

このブログを書いている人

7歳の(場面かんもく)アラレちゃん・2歳のガッちゃん・夫と4人でゆる~く暮らす、地方在住のWebライター。
社会福祉士保有の介護職員・支援相談員として勤務した経験あり。
このブログでは、場面かんもく・育児・暮らし・海外ドラマのことなどを自由につづっています。
詳しいプロフィールはこちらをどうぞ。

オハギをフォロー
タイトルとURLをコピーしました