スポンサーリンク

無添加のカレーを、手間をかけずに作りたい

日々を楽しむ

こんにちは、カレー大好き人間・オハギです(笑)

カレーのルーの原材料欄を見て、「むむ、添加物がいっぱい入ってるな」と感じたことはありませんか?

私は原材料を見るたびに、ちょっと嫌な気持ちになっていました。

自分や家族の健康のことを考えると、食品添加物はできるだけ少なくしたいですよね(;´・ω・)

でも、「無添加カレーのために、ルーを使いません」という方法は選択したくない!

なぜなら、ルーを使わずにカレーを作るなどという、そんな手間のかかりそうなことは、したくないからです(; ・`д・´)

小麦粉がうんちゃら、カレー粉がうんちゃら…

あまり好きではない料理が、さらに嫌になってしまいますよね。

そんなわけで、ズボラな私は、「無添加のカレーを作れるルーは売っていないかしら~」と、探しました。

そして、とうとう見つけたんです。

今回は、そんなカレーのルーのお話です。

スポンサーリンク

そもそも、なぜ無添加のカレーを求めたのか

「口にするものは、とにかく無添加!」というほど、徹底しているわけではないんですよ。

あんまりこだわってしまうと、食べられるものが限られてしまいますし。

美味しいもの大好き人間としては、幅広くいろいろな食を楽しみたい(^^♪

しかし、「カラメル色素」は、できるだけ避けるようにしています。

避けた方がいい添加物、カラメル色素

色々な食品に使われている食品添加物の1つ、カラメル色素。

たとえばこんな食品に、カラメル色素は使われています。

  • インスタントラーメン
  • コーラ
  • アイスクリーム
  • カレールー・シチュールー
  • 焼肉・すき焼きのたれ
  • スパゲティソース
  • ウスターソース  などなど

安全なカラメル色素

カラメル色素には4種類あると言われています。

その中で最も安全と言われているのは、糖類のみを加熱して作るカラメルです。

どんなカラメルかと言いますと、砂糖と水を、茶色くトロトロ~になるまで煮て、手作りプリンなどに使われているものです。

問題視したいカラメル色素

体のことを考えたときに、問題になるのは、カラメルⅢ・Ⅳと呼ばれているカラメル色素です。

現在の日本で加工品等に使われているカラメル色素は、このⅢ・Ⅳがほとんどとなっているようです。

ちょっと引きますよね…(;´・ω・)

カラメルⅢ・Ⅳを問題視したいのは、なぜでしょうか。

それは、Ⅲ・Ⅳどちらにも、アンモニア化合物を加えて、製造されているためです。

アンモニア化合物を加えて製造されるプロセスで、発がん性のある化学物質が生まれると言われています。

私の愛するカレーのルーにも、がっつりカラメル色素が使われているんですよね…( ;∀;)

「避けられるリスクは避けよう」がモットーの私は、自宅でカレーを作るときは、カラメル色素の使われていないルーを使おうと決めました。

ズボラな私でも、これを使えば手間なく無添加カレーを作れる

私の近所のスーパーには、無添加のカレールーってなかなか売っていませんでした。

ネットで検索して出会ったカレールーが、この「カレーの壺マイルド」でした。

地方での暮らしには、Amazonさまさま、楽天さまさまと感じることが多いです(笑)

「カレーの壺マイルド」の、原材料はこちらです。

  • 醸造酢
  • 食塩
  • タマリンド
  • しょうが
  • たまねぎ
  • 唐辛子
  • にんにく
  • コリアンダー
  • 乾燥ココナッツ
  • ココナッツオイル
  • その他香辛料

完全なる無添加…!!!

ここまでナチュラルなのも珍しいですよね。

動物性原材料・化学調味料・添加物・小麦粉を使っていないということなので、ベジタリアンの方や小麦粉アレルギーの方にもメリットのある商品ですね。

どうやって使うの?

「無添加ルー見つけたぜ!」と言っておいてなんなんですが(笑)、この「カレーの壺」は、ルーというよりはペーストという感じです。

「カレーの壺」の基本的な使い方
  • step1
    具材を炒める

    野菜や肉、シーフードなどの具材を炒めます

  • step2
    「カレーの壺」を投入

    「カレーの壺」のペーストを、炒めた具材と絡めます

  • step3
    ココナッツミルクを入れる

    我が家では豆乳を入れてます♪

    火が通ったら、できあがり!

無計画に何も考えずに作って(←これ重要)、わずか20分ほどで、本格的なカレーができあがってしまいます。

お味はどう?

スパイスがほどよく香る、美味しいカレーです。

野菜や香辛料のうま味が、ぎゅぎゅっと凝縮しています。

それなのに、さっぱりとしていて、胸やけとは無縁という感じです。

ちょっと酸味があるので、好き嫌いが分かれるかもしれませんが、私にはどストライクでした。

これ食べたら、もう他の市販カレーには戻れないです!

スリランカカレーなので、日本の家庭でなじみの深いあの味(欧風の煮込みカレー)とは、ちょっと方向性が異なります。

とろみはなくて、サラッとしています。

とろみをつけたい人は、具材にオクラなどを加えると、とろみがつくかもです。

子どもにも合った味?

「カレーの壺」は、「オリジナル」「マイルド」「スパイシー」の3つの味が発売されています。

このうち、我が家で使っているのは「マイルド」。

大人だけでなく、5歳の娘も「おいしい!」「おかわり!」と気に入っています( *´艸`)

コスパは?

1瓶で600円程度なので「ちょっとお高いかな~」とも思いますが、コスパを考えてみると、なかなかお得みたいです。

「カレーの壺ペースト」は、1瓶で約22皿分のカレーが作れます。

1皿あたりにすると、約29円の高コスパ。

(公式サイトより)

まとめ

「カレーの壺」のおかげで、無添加な上に、美味しいカレーを手間なく作ることができるようになりました(^^♪

これからの暑い季節、あなたも是非、本格カレーを楽しんでみてくださいね。

コメント

このブログを書いている人

7歳の(場面かんもく)アラレちゃん・2歳のガッちゃん・夫と4人でゆる~く暮らす、地方在住のWebライター。
社会福祉士保有の介護職員・支援相談員として勤務した経験あり。
このブログでは、場面かんもく・育児・暮らし・海外ドラマのことなどを自由につづっています。
詳しいプロフィールはこちらをどうぞ。

オハギをフォロー
タイトルとURLをコピーしました